×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HUNTER's LOG on PORTABLE

080101c.png

Hunter's Life
080102 ボーンシューターは、砕けない

ボーンシューターL5PB 攻撃力:240
「扱いが難しいヘビィボウガンの技術習得に最適の一丁。対応する攻撃系特殊弾も豊富。」

ボーンシューターは、砕けない。

討伐完了。
まずはこちらを。
(動画が再生できーん!という方はAppleの方からQuickTimeプレーヤーの最新版をダウンロードしてください)

ビッケ死んでますな。
ええ、お疲れですとも。
本日7度目のトライにして無死、残り時間10秒(笑)での討伐です。あ、時間撮影すんの忘れちゃった(頭真っ白でしたので)。やはり7怒り目解除からほどなくでの討伐ですので、これまで延々と「あと数発」のラインで七転八倒してた、ということですね。

いやー、結果だけ見れば2日での討伐完了ですが、そりゃあもう大変でしたよ(笑)。

本日は早朝3回、夕方から4回のチャレンジ。もう立ち回りが安定しまくっちゃってまして、早々の1死でリタとかない分全部時間切れまでの死闘です。
しかも6回目まですべて7怒り中か怒り解除後の時間切れ。
あはははー、もうちょっとで病むとこでした(TT)。

討伐の瞬間はもう考えるより早く電源オフ(撮影のため)。すぐ録画セットしようと思いきや手が震えてできねー(笑)。まあ、落ち着けよ、とトイレ行こうとして階段から落っこちるとこでした。

さて、中の人の苦労話はともかく、全体の取り組みとしては、昨日の記事の路線のままでしたね。ですので、詳しくはあれで良いと思います。
拡散弾の運用に関しては、前側からは前脚に当たらないようにアカムの腹面へ撃ち込むようにすると体内で全爆破する、後ろからは背中の刺に乗せるように撃ってこぼれないように(ま、まだまだこぼれるんですが)、と心がけたくらいでして、特に革新的な狙撃ポイントというのも見つかりませんでした。

それよりも驚きなのが貫通弾の残弾。回を追うごとになぜか弾が余るようになっていきまして、討伐回ではまだ貫通L1が30発も残っています。素材は全調合ですが、通常L2は手つかず。あ、貫通L2と拡散L2は素材ごと撃ちきり。
特に安全重視、という感じにしたわけではないのでして、これは「撃つべき時」がどんどん見えるようになった結果かと。それがどこかというと、曰く言い難し…というよりなんかビッケが勝手にベストのとこに転がってくれる、みたいな感じになるので文章化が困難なんですが。

いずれにせよ新年ファーストハンティング「アカムボーン」はめでたく大団円でした。

きっかけを与えてくださいました上に、ほとんど完成された方針を示してくださったむらむらさんに最大級の感謝です。ボーンシューターはやればできる子なんだと証明できました(感涙)。
こいつは、アルバレストシリーズをなくした「下手人」ということで、いまいち日陰な感じがかわいそうでしたが、これだけの活躍をさせてあげることができて、中の人も感無量です。

むらむらさーん!読んでますー?
ありがとうございましたー!押忍!

はてさて、新年早々のチャレンジ成功がさい先良いのか、死闘が暗示する1年なのか(笑)。
ま、これで心置きなく従来記事へ戻れますね。
ということでこれからしばらくは村ビッケとGクラスチケットの記事をお楽しみに。

ページの先頭へ

Hunter's Log

最新記事