×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HUNTER's LOG on PORTABLE

080101c.png

Hunter's Life
080101 死闘! 覇竜アカムトルム

むらむらさん!これしんどい!めっさしんどい!

さて、むらむらさんにそそのかされて新年ファーストハンティングがウルトラチャレンジ「アカム−ボーンシューター」とかになってるビッケですが…結局一晩中やっちまいました(これが今年1年を暗示してんのか?)。そのあとお出かけで電車の中でうとうとしつつ見た夢が…アカムですが(TT)、これ初夢?

で、結果7怒り解除で時間切れ、というのが今朝までの最も良いパフォーマンス。あうあう。

take1:6怒り解除で時間切れ(30分で1死)
take2:30分くらいで2死リタ
take3:開始5分で1死リタ
take4:7怒り中に時間切れ(40分で1死)
take5:6怒り解除で時間切れ(無死)
take6:7怒り中に時間切れ(無死)
take7:7怒り解除で時間切れ(40分で1死)

といったテイタラク。
どんだけー、ていうか50分戦い続ける、というこのしんどさ(TT)。

んが、一応路線としてはあってるっぽいでしょうか。アカムはだいたい6怒り目中か解除後に足引きずりになるので、7怒り目解除後しばらくで討伐できるはず(と信じる!)。モンハンの神様あと5分、いや3分ビッケにください。
このままより無駄撃ち(結構拡散がこぼれてる)を排除していけば装填数アップなしでもいけそうです。

ただまあ上の行程を見ますとお分かりのようにへたれリタはともかく(ていうかネコ飯の攻撃力アップが早い段階で抜けちゃうと無理、との判断)、ヘビィ−アカムの立ち回りが安定している分、結果も安定しちゃってますな。手数を焦ると死んじゃうし(take4.7)、安全優先だと足りないし(take5.6)、という感じ。

この「あと3分」が高い壁なのか低い壁なのかが判然としないので(明日クリアか1週間かかるのか…)、とりあえずここまでの取り組みの装備や立ち回りをまとめちゃいましょう。

装備
ボーンシューターL5PB(早填珠)

頭:ブラックピアス(加拡珠×2)
胴:バトルSレジスト(加拡珠)
腕:バトルSガード(早填珠)
腰:バトルSコート(加拡珠)
脚:バトルSレギンス(速填珠)

スキル:拡散弾L1&2追加、装填速度+2、はらへり倍加【小】
ネコ飯:リュウノテール+キングトリュフ(体力・攻撃力アップ)

アイテム

カラ骨【小】×50
竜の爪×50
カラの実×99
ハリマグロ×30
ランポスの牙×99
鉄鉱石×40
力の爪
力の護符

調合書1
調合書2
調合書3
調合書4
調合書G
回復薬G×10
秘薬×2
怪力の種×10

強走薬G×5
強走薬×5
クーラードリンク×5
クーラーミート×5
貫通L2×50
貫通L1×60
拡散L2×3
通常L2×99

といったところ。無駄な1枠がクーラーミートですが、クーラードリンク飲んですぐ1死とかなるとクーラードリンク足りなくなるので、いたしかたなし。無死前提ならなくて良いのですが…ふがふが。

立ち回り(試行編)

ではまず大まかな前提をいくつか。
ペイントがありませんで、アカム潜ったらどーすんのよ、という点ですが、これはステレオヘッドフォンを使用することで解決できます。アカムの潜行からの攻撃は4タイプあると思いますが(後述)、マグマの噴出タイプをのぞけば、地響きの方向でアカムの出現位置はほぼわかります。マグマ噴出タイプも噴出範囲の最外郭にいれば大丈夫っぽいですね。

また、戦闘位置に関してですが、これが重要で、エリアの奥側(北側)を使います。スタート時にアカムがいるところですね。ここで戦うか、キャンプ側(南側)で戦うかで被ダメ率が大きく違ってくると思うので、奥へのアカムの誘導はちゃんとできるようにしたいところです。

さらに通常L2の素材がありませんが、おそらくこれで良いです。特に立ち回りに大きなロスがあるとも思えませんが、それで拡散と貫通を素材込みで撃ちきると針45です。今回最も成功に近かった7怒り目解除の際も通常L2に移行して10発くらいしか撃てていません。

拡散弾と通常弾の撃ち分けですが、基本的に肉質が固くなる(弾に対して)怒り時に拡散弾を使用。もっともこれだけだと撃ち尽くせないので、1怒りに拡散L2を9発撃つ(怒り解除後も)、という感じで。

という感じの路線で。
ではクエストの模様を順を追って。

まずスタート直後の突進回避。
今回はシールドもなければ閃光玉もないので、リアルスキルでなんとかするしかありません。
こいつは単純に走ってハリウッドダイブしてもまず轢かれるので、意図的な操作が必要となります。回避方法は、突進してきたアカムの顔と前脚の隙間から、その前脚の後ろへ抜けるようにハリウッドダイブする、ですね。この際アカムの体軸に対して外に向かう角度がとれていないとジョジョ走りでなくなって通常前転になり、失敗しますので注意。
また、突進が到達するまでかなり時間があるので、強走Gを飲んでしまうと、その後の脱出が楽です。

そうしましたならクーラーと怪力の種を飲みつつアカムを奥のエリアへ誘導。この辺りは何回もやって慣れるしかありません。
誘導できたら戦闘開始。貫通L2から撃っていきます。

基本の立ち回りは割と単純でして、アカムが方向転換しだすのにあわせてこちらも前転スタート。アカムとの距離によりますが、近ければ歩きから3回転、少し離れていたら4回転で次の突進をかわすことができます。良く時計回りだの反時計回りだのいわれますが、多分どちらでも変わりません。とにかくその前転分のスペースのある方へ回るだけです。

突進に関しては、最初の振り上げ脚(左前脚)をくぐる、という方法があり、うまく行ったら有効なんですが、今回回復が限られているので、ちょっとこれをベースに組み立てるのはしんどいですな。これが当たり前にできるようになったら…もう討伐してると思いますが(笑)。

要注意なのがアカムが突進と見せかけて方向転換し、違う攻撃を仕掛けてくるパタン。これを見極めるまではリロードしたりスコープにしたりは厳禁。強走切れ状態では(スタミナ満タンでも)ここからの回避が非常にしんどくなるので、常にこのパタンを想定し、3回転後歩きで距離を稼ぎながらスタミナ回復とアカムの動きの見極めをしっかりするようにします。

これ以外は特に注意することもないですが、咆哮→マグマは安全位置を、尻尾振りは当たらない間合いを身につけておく必要があります。また、突進の終了には噛み付き派生となだれ込みの2種がありますが、なだれ込みの際はかなり遠くまで(壁がなければ)アカムが行ってしまうので、その場で撃たずに追いかけるように。

攻撃部位は尻尾が撃てれば尻尾(後方から)、側面からは後ろ脚→尻尾を抜けるライン、前からは頭、というところ。特に尻尾に貫通の多段ヒットが通るかどうかが重要なので、尻尾を斜めにとらえられる位置にあらかじめ突進を回避する要領が必要です。
終盤怒り中に拡散が尽きている場合は、背中の甲殻を通すように撃っていきますな。

で、潜行。
頭に書いた4タイプとはすなわち…
1.潜った際にこちらがいたところへ浮上
2.潜り中にロックオンし直しての追尾浮上
3.マグマ噴出
4.キャンプ側(南側)エリアへの浮上
の4タイプ。まずヘッドフォン使用ですと(1)の際の地響き後に浮上するかしないかを聞き分けることで次手が決まります。基本(2)のケースを想定し、ショウグンやダイミョウの追尾突き上げ回避の要領で転がりつつ→マグマが噴出し始めたら武器出し歩きでその最外郭へ移動(後述)、遠ざかる地響きがしたら(4)のケースなので納銃ダッシュ(後述)。

まずマグマ噴出ですが、このマグマ回避は武器出し歩き状態で地面が赤くなったら回避、というのがもっとも確実です。そのまま最外郭へ移動しつつ、5〜6回目の噴出音がしたらアカムが浮上してくる音がするので、そちらへ攻撃準備。
次、厄介なエリア反対への浮上。このケースはいかにアカムを再度北エリアに誘導するかが問題となります。
遠ざかる地響きとともにこちらは納銃ダッシュでエリア中央の中州へ。アカム浮上時にここに位置すると、だいたいアカムの次手はソニックブラストとなります。これをやり過ごしたら、南エリアのアカム、中州のハンターという位置取りで通常の攻防をしつつ、アカムが突進体勢に入ったら回避から納銃して北エリアへダッシュ。これで誘導できます。

こんな感じかしら。調子の良いときは30分ノーダメージとかにもなるくらい安定してるのですが、結局チョッチ距離感間違えて突進で蹴っ飛ばされて(前脚の側面後方にも当たり判定がある)振り返りに蹴飛ばされてさらに轢かれて…orz、とかなるのがアカム戦なのですが。
攻防ペースとしては初回怒りが貫通L2×50を撃って、貫通L1を半分過ぎくらいまで撃っての6〜7分くらいのところ。これが確実に6分で1回怒らせられるペースになると、討伐まで行くのでしょうが。

あと拡散弾の使用に関してすっ飛ばしてますが、ここがつめどころでこれから試行錯誤するところですね。何となればアカムに拡散弾自体今回が初めてでしたり。
大体胴部(刺のないところ)へ撃ち込むと体内で全ヒットするみたい、という感じですが、結構焦って潜り込みに尻尾撃って半分こぼれちゃったりナンダリとまだまだ無駄が多いですね。このあたりはいずれ。

うお、簡単に報告のつもりが長くなっちった。しかもまだ討伐成功してないという…(笑)。
今日は…とりあえず寝ますが、さて、明日のチャレンジではどうなりますやら。

→ボーンシューターは、砕けない

ページの先頭へ

Hunter's Log

最新記事